★懐かしの「円谷プロ作品」DVDがいっぱい★
★「ウルトラグッズ」なら日本一の品揃え【楽天市場】!★

ウルトラセブンX看板画像



ウルトラセブンXとは?

円谷プロが身売り!大丈夫か!ウルトラセブンX?【ウルトラセブンX(ULTRASEVEN X)ブログ】

ウルトラセブンXULTRASEVEN X)」の製作会社で、
「ウルトラマン」で知られる円谷プロダクションが経営難から
身売りすることが分かった。
円谷プロの大株主・円谷エンタープライズが10月中旬に第三者割当増資を行い、
CMなど映像制作大手のティー・ワイ・オー(TYO)が8000万円で引き受ける。
これにより、円谷プロはTYO傘下となる。

最近の円谷プロは、映画製作費負担の増加、長年の同族経営による経営基盤の弱体化などで経営が悪化、
“カラータイマー点滅”状態にあった。
TYOは円谷グループへの経営参画で、経営再建を目指す。


円谷プロは、今年6月の株主総会で大幅なリストラを主張した大山茂樹前社長を、円谷会長が解任した。
10月からは生誕40周年のウルトラセブンが「ウルトラセブンX」(TBS系)として復活するが、
同社救済には間に合わなかった。


ついこの間、「ウルトラセブンXULTRASEVEN X)」の製作発表をしたばかりの
円谷プロでしたが・・・・・。

「特撮」と言うのは制作費がかなり掛かるのは有名な話。
撮影で赤字の分を、キャラクターグッズなどの売り上げで補填すると言う、
自転車操業も、もはや限界がきた様子・・・。

心配なのが新番組の「ウルトラセブンX(ULTRASEVEN X)」。
初めから低予算で作られるのは知っていましたが、
番組スタート前につまずいたのは否めません。

「ウルトラセブンX(ULTRASEVEN X)」に、何らかの影響がでるのは
必至でしょう。


ウルトラセブンX(ULTRASEVEN X)ブログ



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。